2008年11月08日

LIFE BAR VOL.18

lifebarblog.jpg

LIFE BAR VOL.18
SAN BAN CHO CAFE PRESENTS
KUNI SUGANO JAZZ PIANO LIVE


待望の「LIFE BAR VOL.18」は、千代田区三番町にオープンした今話題の「SAN BAN CHO CAFE」で開催。
伝説のジャズピアニスト菅野邦彦をホストとして、様々なミュージシャンやアーティストが繰り広げる唯一無二の豪華なライブ。スタンダードナンバーからジャズ、ボサノバ、ラテンまで、奇才・菅野邦彦のピアノを中心に、他ではあり得ない演奏が楽しめます。
今回は、菅野さんと親交の深いゴスペルシンガーの第一人者であり、日本を代表する女性シンガーの亀淵友香さんがスペシャルゲストとして参加。世界でただ一つの菅野オリジナルの鍵盤(黒鍵と白鍵が、同じ幅で同じ高さとなっている菅野が考案した世界で唯一のピアノ)による演奏はもちろん、まさに今ここで伝説となるアーティストたちの競演をお見逃し無く。

[日時]2008年12月19日(金)
[OPEN]6:30 pm
[START]7:00 pm〜10:00 pm
[CHARGE]3,500円/当日、3,000円/予約
(1ドリンク、1フードのオーダーをお願いしております)
[AT]SAN BAN CHO CAFE(東京都千代田区三番町28-4)
[TEL]03-3265-9071 http://sanbanchocafe.jp/
[INFO/RESERVATION]info@smallaxe.co.jp
[ACCESS]東京メトロ半蔵門駅 徒歩8分/東京メトロ九段下駅 徒歩10分 

[ARTIST]菅野邦彦(ピアノ)、小林陽一(ベース)、
佐々木豊(ドラム)、佐野研二(ギター)、MITUKO(チェロ)
[SPECIAL GUEST]亀淵友香(ボーカル)
[VOCAL]CAYO(ボーカル) 
[DANCE]岡佐和香(舞踏家)
[ORGANIZER]原田 公世(スモールアックス)
[PRESENTS]SAN BAN CHO CAFE
[SUPPOORT]DISK UNION、SOUPLELUZ

菅野邦彦 / ジャズピアニスト
60年代後半ジャズ創世記、「天才クニ」と呼ばれた伝説のジャズピアニスト。
東京都出身。学習院在学中よりジャズに興味を持ち、卒業後当時来日していた
トニー・スコットにその才能を認められメンバーとなる。
その後、松本英彦(Tsax)カルテットに入団。解散後、自己のトリオを結成。
六本木「ミスティー」の初代ピアニストを務め、多数のアルバムを発表。
72年からブラジル、NYなど8年にわたる放浪の旅に。帰国後、音楽活動を再開。
近年では、2003年10月、カルチャーマガジン「Free & Easy」に
その破天荒な生き様ぶりが特集された。
世界唯一の独自の鍵盤(黒鍵と白鍵が同じ幅、同じ高さ。必見)を考案し、
現在に至るまで東京を中心に積極的にライブ活動を展開。

亀淵友香 / ゴスペルシンガー
BIG MAMA YUKAと呼ばれる日本を代表するゴスペルシンガーの第一人者。
小学校の時、マヘリア・ジャクソン出演映画『真夏の夜のジャズ』で彼女の歌声に衝撃を受け、以来サッチモ、ゴールデン・ゲイト・カルテットアレサ・フランクリンなどをヒーロー&ヒロインとして、ブルース、ジャズ、アフリカン音楽に至るまでの黒人音楽を聴きながら成長。バーバラ・コブに専門ゴスペルを、ウィリアム・バッキンガムに発声学、カーマイン・カルーソにジャズ理論及び演奏形態を学び、今なお日本を代表する女性シンガー。

小林陽一 / ベーシスト
1940年東京生まれ。19才からプロとして活動開始。
81年渡米し、ニューヨークのハーレムを中心に活動 。ライブハウスやストリート等でも演奏。アートブレイキーの長女イブリン(VO)のバックミュージシャンを務める。
帰国後、菅野邦彦氏とのセッションを数多く展開。代表的録音・74年「慕情」など。

佐々木豊 / ドラムス
プロ入り後渡米し、独自のメソッドを生み出したアラン・ドーソンに師事し、ボストン、ニューヨークで、数々のセッションを果たす。帰国後、伝説のバップピアニスト、田村翼トリオのレギュラー・メンバーとして、またアジアを舞台に活動するベーシスト、金井英人ユニットのメンバーとしてユニークかつ革命的な音楽活動に挑む。ブラシ使いの独自のテクニックを持つ。また映画評論家、木村奈保子シネマ管弦打楽器楽団=helden tumのリーダーとしても活躍中。

佐野研二 / ギターリスト
ギターリスト、シンガー、DJ、音楽製作など、幅広い音楽活動を展開。
1995年菅野邦彦氏、ジョアン・ドナート氏と出会い、大きな感動と影響を
受ける。それ以来、現在まで菅野氏とともにライブ活動を展開。
2003年クリスマス、ジョージ川口氏追悼ライブに菅野氏とともに出演。

MITUKO / チェリスト
東京芸術大学卒業後、フリーランスのチェリストとして活動中。
クラシックのオーケストラからジャズまで、ジャンルを問わずライブに出演。またブラジル音楽のミュージシャンが集った『ショーロの祭典』にも参加。その模様はブラジルでも放映された。この他、和太鼓奏者や舞踏家等との共演や詩の朗読、能のうたいとのコラボレーションなど様々な活動を展開。

CAYO / ボーカリスト
ボサノヴァなどをベースに、シンプルで心に響く歌を贈り続けるヴォーカリスト。
2005年、ファーストアルバム『SORA』を発表。その後も人気カバーアルバムシリーズである『COVER LOVER PROJECT』の参加や、2007年にはセカンドアルバム『君が風なら吹きなさい』をリリース。オリジナル曲、ブラジルのスタンダードナンバーから、童謡や日本の歌謡曲までをボサノヴァにリアレンジして歌う 「Cayo Live」を都内各地で開催している。

岡佐和香 / 舞踏家
日本を代表する若手舞踏家。大野一雄・大野慶人、中嶋夏に師事。ダンス・ユニット
「SouVenir」を主宰。劇場の枠を超え、たくさんの人と自然と場と交感、
交歓するためにクラブ・野外イベントや映像作品などにも多数出演。
芝居、舞踏、バレエ、ジャズダンスなどを駆使したパフォーマンスを展開中。

関連サイト:
亀淵友香:http://www.tmp-voja.co.jp/
CAYO:http://www.cayo-net.com
岡佐和香:http://www.sawaka.info/
LIFE BAR:http://www.smallaxe.co.jp/lifebar.html
アーティスト詳細:http://www.smallaxe.co.jp/artist.html
Mixi/LIFE BAR:http://mixi.jp/view_community.pl?id=125087
Mixi/菅野邦彦:http://mixi.jp/view_community.pl?id=135202
SAN BAN CHO CAFE:http://sanbanchocafe.jp
SMALL AXE INC:http://www.smallaxe.co.jp
posted by スモールアックス at 07:37| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。